クレジットカードを複数枚利用し、借金を背負った女性のケース。
マルイカードやイオンカードなど比較的作りやすいカードを使っていたようです。

信販会社S社 13,000円
信販会社O社 15,000円
信販会社J社 100,000円
信販会社P社 8,000円

整理前の返済月額136,000円が整理後に36,000円まで減少

一括場合で買い物を繰り返し破綻寸前に。毎月返済額が手取りを超えてしまった

家賃や通信費はクレジットカード払い。 
それに加えショッピングでかなりカード決済を行い、返済額は136,000円に。
手取りと同じ額を返済することが難しくなり、ネットで無料相談を行いました。

債務整理自体を知らず、相談したところ「任意整理」で解決できると言われました。

減額目安としては毎月返済額は5万円以下になるだろう・・・・とのこと。 その法律事務所に依頼し、任意整理の手続き・交渉をお願いしました。

思ったより早く交渉成立。毎月返済額は36,000まで下がりました

クレジットカード(信販会社)4社からの毎月返済額はトータル136,000円。
5万円以下になるとのことでしたが、結果的には32,000円に。
長期分割払いとして、毎月返済額を大幅に減額できました。

こんなに早く借金解決できる方法があるとは知りませんでした。

任意整理後はカードが作れないと聞いていたが・・・

新規クレジットカードが作れなくなる場合があるとのことでしたが、実際には半年後に楽天カードを申し込んだのですが審査も通りました。
カード会社によって色々基準もあるので、一概に「クレジットカードが作れなくなる」というのは言いすぎでしょう。

今持っているカードは更新時には更新できない可能性もあるようです。
これも実際に更新時期が来ないと分かりません

任意整理してもらって1年経ちますが、とくに大きなデメリットを感じていないのが率直な感想。
クレジットカードも作れましたし、家族にも誰にも内緒でここまで整理できたのは大きいです。
今はクレジットカードでのショッピングはやめています。

任意整理の注意点と気をつけたこと

弁護士から指示があったのですが、「携帯代金や家賃」もクレジットカード払いにしていたため、任意整理開始に伴い「銀行口座引き落とし」に変更しました。 というのもクレジットカードの任意整理をする時には「手続き開始前にカードの支払いをストップ」する必要があったからです。
といっても自発的にやるのではなく、弁護士等が教えてくれるので安心です。

カード明細を渡せば、「このクレジットの引き落としは、銀行引き落としに変更してもらってください」など指示をくれるので、それに従うだけです。

カードで高額なものを購入していた場合には商品を引き上げられるケースもあるようです。 着物や装飾品などを購入していた場合に引き上げられるケースもあり、私も装飾品を買っていた(10万ほどのアクセリー)で心配でしたが、何もありませんでした。

まとめ

意外かもしれませんが、債務整理を行なう人の30%前後は「20代の女性」というデータがあります。
その中でもクレジットカードで作ってしまった借金の整理での相談は多いです。クレジットカードのキャッシングはもちろん、ショッピング枠で買い物を繰り返し、月々の返済が給料を超える返済額に・・・というケースです。 クレジットカード(信販会社)で作った借金の交渉には信販会社の多くが応じてくれるので、返済が限界・苦しくなったらすぐに相談をすべきです。

新たな借金に手を出すよりも、一度整理方法を相談するのが得策です。 街角相談所などの無料診断などであれば、その程度借金減額できるの? が把握可能ですので、オススメです。