利息制限法で決められた利率による利息を超えて利息を支払ってきた 場合、その超える部分(超過利息)については、「過払い金」として取り戻す ことができる場合があります(不当利得返還請求)。

貸金業者が受け取った超過利息は、法律上、元本の返済にあてられ たものと考えることになっています。つまり、契約で定められた利率(約定利 率)による利息として支払った金額のうち、制限超過部分にあたる金額が 元本の返済にあてられ、その分だけ元本が減少していくことになります。

このように、取引の当初から支払った金額を、利息制限法で決められた 利率による利息と元本とに振り分けて計算し直すことを、利息制限法によ る引直し計算といいます。

計算の結果、法律上は元本及び利息制限法で 決められた利率による利息の全額の返済がすでに終わっていたにもかか わらず、それを知らないまま支払を続けていた場合、余計に支払った金額 は、貸金業者の「不当利得」とされ、借主はその返還を求めることができま す。