借金が全て0円になる?!自己破産で出来る借金整理

自己破産は、裁判所から全ての債務を免除してもらう手続きです。
裁判所で免責が許可されると、税金等を除くすべての借金が帳消しになり、債務が0円になります。
任意整理や個人再生でどれだけ債務を圧縮しても返済できる可能性がない場合に最終手段として用いられる債務整理の方法です。

しかし一方で一定以上の価値のある財産は手放すこととなり、債権者に配当される。
今後約5~10年観は借入ができなくなります。(ブラックリスト)

自己破産は家族には影響なし

自己破産は、原則、申し立てをした本人のみに適用され、保証人になっていない限り、家族に迷惑がかかることはありません。
ですので、家族が所有している不動産や自動車など、家族名義の財産に手をつけられてしまうことはありません。

自己破産び条件と最大の注意点

【自己破産の条件】
・返済不能であること
・借金の理由が浪費ではないこと
パチンコや競馬などのギャンブル、株などの投資が原因となる借金の場合は、免責不許可事由にあたり、原則、免責されません。
しかし、現実問題として、これらが原因で借金を作り返済不能に陥ってしまう方は多いです。
【自己破産の最大注意点】
・所有資産の処分(住宅などの高額財産、預貯金の差し押さえがある)
・ブラックリストに載る。5~10年間程度はクレジットカードを含む、一切の借り入れができなくなる。
自己破産をしたらどうなるのか、事前にメリット・ディメリットを把握しておくことは大切です。
自己破産はマイナスのイメージが強いかもしれませんが、借金問題を解決するための方法の1つであり、自己破産をして再出発をしている人は少なくありません。

自己破産による借金問題解決のメリット・デメリットについて

-自己破産デメリット抜粋-
・住所氏名が「官報」という国が発行する機関紙に掲載される
・本籍地の破産者名簿に記載される
・自己破産の申請を行うと手続きが完了するまでの間、弁護士、税理士、証券会社、外交員、警備員、建設業者等の職業に就くことが出来ない。
・自己名義の財産を所有している場合、差し押さえの対象となり手放す必要がある。
借金問題解決法の最終手段として知られている自己破産。一見、借金が0円になり、メリットが強も感じますが、ディメリットとして、それなりのリスクを背負うことは、当然あります。
-自己破産メリット抜粋-
・全ての債務の支払い義務が免除される
・ある程度の財産は残すことが出来る
・取立てがストップする

自己破産すべきではない人とは!?

住居や所有地、自動車などの高額な財産を所有している場合、5年以内に返済の希望がある場合などは、自己破産ではなく、個人再生や任意再生といった方法を試してみることをおすすめします。 まずは自分で判断せず、専門家に相談し、あなたに最適な債務整理を見つけましょう。

ギャンブルや投資などの借金が原因での自己破産は出来ない!?

競馬やパチンコのギャンブル、FXや株などの投資による借金が原因の自己破産は、原則、免責されません。
しかし現実問題として、そういったことが借金の原因となっていることは多く、その場合は、「裁量免責」という制度があります。
この、「裁量免責」とはどういう制度なんでしょうか。

自己破産における裁量免責とは、いったい何!?

裁量免責とは、免責不許可事由に該当する場合でも、裁判所に個別事情に応じて免責を許可することが出来るという制度です。

【破産法 第252条 第2項】
前項の規定にかかわらず,同項各号に掲げる事由のいずれかに該当する場合であっても,裁判所は,破産手続開始の決定に至った経緯その他一切の事情を考慮して免責を許可することが相当であると認めるときは,免責許可の決定をすることができる。