任意整理は裁判所を通さない債務整理。中でも最もよく利用されています。

任意整理とは、弁護士や司法書士などの専門家が債権者と返済の方法や返済額の減額の交渉を行い支払いが楽になるよう合意を成立させる手続きです。
他の債務整理と違い、裁判所は関与しません。私的整理とも呼ばれます。

利息のカットについては、ほとんどのケースで可能ですが、あくまで交渉ですので法的な拘束力はありません。ローン会社によって「交渉に応じない消費者金融」も存在します。

任意整理は、債権者との交渉によって返済額の減額を目的とする手続きなので、返済計画が成立するまでは支払をストップさせることができます。ですので、返済期限に間に合わない場合などギリギリの状況に適しています。

利息を軽減して解決する!
任意整理を利用・選択できる人の条件

【任意整理の条件】
・返済の意志がある事、一定の安定収入(バイトでもOK)
・減額できれば3-5年で返済できるか?が一つの目安
任意整理は将来利息をカットし、場合によっては元本減額などを交渉し、3年から概ね5年かけて返済していく方法です。
自己破産や個人再生のように「借金がゼロ」になったり大幅な減額は期待きません。しかしその分、デメリットは少なく手続き後も日常生活・社会人としての生活に支障をきたすことがありません。

※任意整理の手続きの中で、利息制限法による引き直し計算を行った結果、「過払い金」が発生していることがあります。この場合、過払い金返還請求を行います

【任意整理の最大注意点】
・依頼する法律家の知識や経験や方針等によって違いがある
債務整理の専門家以外の弁護士や司法書士ですと、知識経験も少なく交渉がまとまらないケースが多い。あくまで交渉ベースで話を進めていくので、担当者の経験、力量で変わってくる

任意整理による借金問題解決のデメリット

任意整理デメリット抜粋
・安定した収入がないと利用できない
・利息はカットできるが元金が減らない場合がある
・ブラックリストに登録される
・ローンやクレジットカードの利用ができない期間がある

安定した収入がないと任意整理はできない

任意整理は、借金元金の減額がないので元金を分割で返済する必要があります。もちろん安定した収入がないと返済が難しくなるので、収入がない場合は任意整理を利用することができません。

元金は基本的に減額できない

基本的な任意整理の方法とは、利息だけを免除してもらい元金を3年から5年かけて返済していくというものです。 ただし、過払い金が発生している場合は、利息の引き直し計算をして払いすぎた利息を元金から差し引くことができます。
そのほかにも、裁判所を通さない自由交渉なので、交渉次第では借金を一括返済する代わりに元金を減額してもらえるケースもあるそうです。

利息引き直し計算とは、利息制限法に違反する利息分を再計算することです。2007年以前から借金返済や借入をしている場合は、利息制限法を超える違法な金利を支払っていた可能性があるので、その場合は元金から差し引くことができます。

ローンやクレジットカードが利用できなくなる期間がある

任意整理を行うと、5年間は信用情報機関にブラックリスト登録されるため、その間新規でローンを組んだりクレジットカードを作成することができなくなります。さらに、借金を完済した後から5年間も利用できない場合があります。
また、任意整理の手続きに含まれるカードや同じ系列会社のカードなどは、有効期限内でも利用できなくなる場合があるので気をつけましょう。

任意整理による借金問題解決のメリット

任意整理メリット抜粋
・取立てや督促の電話がストップする
・借金の減額ができる。完済が早まり楽になる
・裁判所へ出頭しなくてもよい
・家族や友人、職場など周りの人に知られることがない
・財産などの差し押さえがない

取立てや督促がストップする

多重債務者の中には、毎日かかってくる督促の電話や取立てが辛く命を落としてしまう人もいます。その前に弁護士に相談することによって、一時的ですが、すべての業者からの取立てや督促の電話などを止めることができます。
一旦停止することで、精神的ストレスや恐怖心がなくなり前向きに借金返済に取り組むことができるでしょう。

借金の減額ができる

任意整理は利息制限法に違反する利息分を再計算することで借金を減らすことができます。手続き後には利息が免除されるので、その分返済が早まりその後が楽になります。
さらに、利息を払いすぎていたなら、過払い金の返還請求を行い、返済額から差し引くことができます。

裁判所を通さない。周りの人にバレにくい

自己破産や個人再生などは必ず裁判所へ出向いたり、裁判官と面談がありますが、任意整理の場合はすべての手続きを弁護士や司法書士に任せることができ、自分で直接出向くことはほとんどなく待っているだけで良いです。
そして、個人再生や自己破産の手続きには必要書類を裁判所に提出しなければならない場合も多く、家族や職場の人に不審がられることがあるかもしれませんが、任意整理の場合は心配する必要がありません。郵送物が届くこともなく、弁護士や司法書士の方と事前に打ち合わせをしておけば、家族などにバレる可能性はほぼないでしょう。

財産の差し押さえがない

任意整理は、特定の債権者を整理の対象から外すことができる手続きなので、家や車のローンを残したまま他の借金を整理することができます。もちろんローン中の家や車などの財産が差し押さえになることもないので安心です。
一方、自己破産や個人再生の場合は、ローンが残っている車を処分しなければなりません。

任意整理はこんな人にオススメ

任意整理は、できる限り早い段階での手続きが適しています。裁判所から訴状や督促通知が届く前に手続きすることをおすすめします。

自己破産や個人再生とは違って裁判所を通す必要がないため、比較的安く、簡単に手続きできるので、なるべくお金や手間をかけたくないという人にもおすすめです。ただし借金を全額免除してもらえるわけではなく返済をしていかなければならないため、安定した収入がある人しか手続きできません。
そのかわり裁判所を通していない分、書類を準備したり郵便物が届くことがないので家族や職場にバレることもなく完済したい人にもおすすめの債務整理です。